粉剤を使ったヤスデ・ムカデ駆除の注意点

その他害虫

ヤスデやムカデなどが戸建て住宅の内部に入ってきてしまう。

その対策・駆除方法として粉状の殺虫剤は効果的です。

ホームセンターや薬局などで手軽に購入することができますが、効果的に使うにはちょっとしたポイントを押さえることが大切です。

これによって大きく効果に差が出ますのでご注意ください。

ムカデ・ヤスデの侵入

ムカデ・ヤスデは歩いて家の中に侵入してきます。

ハエや蚊のようにいつか成虫の形態になって飛んで入ってくるというわけではありません。

そのため、侵入させない対策をするには歩いて入ってこないようにする対策をする必要があります。

それでは、どうやって家の中に歩いて入ってきているのでしょうか?

実はシンプルに玄関や窓の隙間から入ってきています。

締め切ってあるからすき間なんてないと思うけど・・・

ムカデは平たい(扁平な)体をしているのでかなり密閉度のたかい窓や玄関でなければ侵入を防ぐことはできません。

また、家の床下には入ることはさらに簡単で通気口などの隙間がたくさんあります。

粉剤が高い効果を発揮する使用方法

ホームセンターや薬局などでムカデ対策の粉状の殺虫剤が市販されています。

とても効果的な殺虫剤ですが、より高い効果を出すにはちょっとしたポイントを押さえるだけで大きな差がでてきます。

粉剤の特徴

粉剤の見た目・形状は、サラサラとした粉状の殺虫剤です。

成分の特徴として、早く効き、どんな虫にも広く効きやすい成分が使われていることが多いです。

触れた害虫だけ効果がありますので、周囲全体の害虫が一気に駆除できるというものではありません。

殺虫剤の種類によっては粉の中に細かい粒が入っていて粒が害虫の体に傷をつけ、傷から殺虫成分が体内に入っていく。というタイプもあります。

そのため、常にサラサラの状態にしておくことが高い効果を維持できるポイントです。

サラサラの状態に維持するには雨に濡らさないような、基礎沿いの撒くようにしましょう。

雨が降って、粉剤が固まりサラサラでなくなった場合はもう一度散布をすることをお勧めします。

粉剤の使用方法 施工方法

粉剤は、触れた害虫にのみ効果があります。

そのため、家の中に害虫が入らないようにするためには家の外周に途切れなく粉剤をまくことが重要です。

途切れなくきちんと量があること、がポイントです。

粉剤のデメリット

粉剤のデメリットは良くも悪くも粉状ということです。

見える形の殺虫剤なのでどこに散布をしたかわかりますが、そのまま体についてしまったり吸い込んでしまったりする可能性があります。

犬・猫などのペットを飼っている場合で、屋外に行く可能性がある場合はやめておいたほうがよいでしょう。

まとめ 粉剤の使い方

  • 家の周りに途切れなく散布する
  • サラサラの状態をキープする
  • 雨が降って固まってしまったら再度散布する
  • ペットを飼っている場合はやめておきましょう。