ペットを飼っている場合のゴキブリ対策

ゴキブリ駆除

ペットを飼っている場合のゴキブリ対策

ペットを飼っている場合、殺虫剤とか使っていいのかな?と心配になりませんか??実はかなり危ないものもあります。

本記事ではペットがいる場合のゴキブリ対策、殺虫剤の使用はどこまでいいのかをご紹介します。

ペットにやさしいゴキブリ対策①清掃・環境整備

殺虫剤などを使ってゴキブリを駆除しようとする前に大事なのは清掃・環境整備です。

いくら駆除をし続けても発生源の根絶をしないとどんどん発生し続けますので、清掃はとても重要です。

台所

台所にはゴキブリの餌になるものは沢山あります。

逆に言えばそういった場所をきちんと管理しておけばゴキブリの発生も抑えられます。

コンロ回り

コンロの下や回りは油汚れや料理の時に飛び散った食材などが残ってしまいがちです。

清掃をするのも大変かもしれませんが、そこをきちんとふき取って起き餌を少なくしておくことで発生を抑えることができまうす。

キッチン回り

生ごみを置いておく三角コーナーや排水溝のトラップなどに生ごみが残っているとそこが餌場と水場の両方を提供してしまうことになります。

三角コーナーは餌を置いているようなものなのでその日のうちに袋に入れて蓋つきのゴミ箱に捨てましょう。

排水溝のぬめりも要注意です。

定期的にハイターなどで除菌してぬめりをとるようにしましょう。

リビング・居室

危険なのは段ボールです。

ゴキブリは段ボールを好みます。

引っ越しに使った段ボール箱などがそのままだったり、使っていない畳んだ段ボールがあるとそこがゴキブリの巣になることも・・・直ぐに処分してください。

浴室

浴室も要注意です。

垢や髪の毛なども要注意です。

清掃が不十分だとそこも餌場になることもあります。

ペットにやさしいゴキブリ対策②殺虫剤を使わない方法

清掃のついでに寄せ付けないようにしましょう。

ゴキブリは一度集まったところにまた集まってくる習性があります。

清掃した場所に戻ってこないよう、残したフェロモンまできれいにふき取りましょう。

さらにゴキブリの嫌がる香りにすると効果倍増です。

台所用アルコール除菌剤の中にゴキブリの嫌いな香りのエッセンシャルオイル(精油)を数滴入れるとスプレーしたところを除菌しつつ、ゴキブリが寄り付きにくいゾーンになります。

ゴキブリの嫌いなエッセンシャルオイルは柑橘系とミント系です。

殺虫剤は使っていいの?結論:使わないで!

スプレータイプやベイト剤など色々なタイプがありますが、どれもペットが間違えて誤飲したり、なめてしまうと体には良くはないです。

極力ペットを飼っている場合はあまり使わないほうがよいでしょう。

とくに魚関係は殺虫剤にとても弱いです。

水槽のなかにわずかでも入ってしまうと場合によっては全滅します。

水槽がある場合は絶対に使わないようにしましょう。

ペットにやさしいゴキブリ対策③アロマ

ゴキブリの嫌いな香りでゴキブリを寄せ付けないような部屋にするとよいでしょう。

エッセンシャルオイルの種類によってはゴキブリを予防することができます。

アロマが好きな方はおすすめです。

まとめ 清掃やアロマを活用し、殺虫剤は極力使わないようにしましょう。

ゴキブリ駆除
ゴキブリを絶対に見たくない人のための自分でできるゴキブリ対策