アウトドア・キャンプの害虫対策グッズ おすすめ5選

その他害虫

キャンプやバーべーキューなどをするとき、もしかして何も害虫対策をしていないなんてことはないですよね?

何も対策をしていないと、せっかく楽しいバーベキューやキャンプが台無しになってしまいます。

でも、大丈夫です。

きちんと対策をしていれば問題ありません。

本記事ではキャンプ・バーベキューでおすすめのアウトドア害虫対策のおすすめを5つご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

虫よけオイルランタン

ランタンのオイルに虫よけ効果があるタイプです。

せっかくランタンにオイルをいれるなら「虫よけ効果」のあるオイルに変えるだけで虫よけ効果がをもたせることができます。

ミントの香りのするオイルです。

ミントの効果については、「本当にゴキブリ対策になるアロマとは?~ハッカ・スペアミント~」という記事で詳しくご紹介しています。

効果の詳細についてはこちらの記事をご覧になっていただくとより詳しく知ることができます。

使い方ですが、オイルランタンの燃料を虫除け効果のあるオイルに変えるだけです。

爽やかなミントの香りも楽しむことができます。

ただし、あくまでも虫よけなので殺虫効果はありません。

虫よけスプレー

キャンプ場など周りに自然が多い場所に行くには虫よけスプレーは必須です。

虫よけスプレーを体や衣類に吹き付けておくことで、虫に対して忌避効果を付けることができます。

※忌避効果とは虫が嫌がって逃げる効果のことです。

シンプルな方法ですが、効果は間違いありません。

ポイズンリムーバー

ハチやヘビなど毒をもっている動物に刺されたり噛まれたりした場合にいざというときに必需品があります。

それは、「ポイズンリムーバー」です。

注射器を逆さにしたようなものです。

万が一、ハチに刺された場合など毒が体内に回らないよう刺されてすぐ毒を吸い出せば、毒の害を最小限にすることができます。

詳しくは「ヒアリに刺されたら 準備するべきものはポイズンリムーバー」という記事でご紹介しています。

ポイズンリムーバーの使い方

ポイズンリムーバーは片手で簡単に使うことができますが、万が一のためにざっくりでも使い方を知っていると早く対処ができるとおもいますので、購入をしたら実際にあけて物をみてみることをおすすめします。

大事なのは刺されたり、噛まれたりしたらすぐに使うことです。

使い方はこの順番です。

  1. 患者を安静にする
  2. ポイズンリムーバーを用意し、患部に当てピストンレバーを引く
  3. そのまま60~90秒引いたままにする。(毒蛇など毒が強い同部に噛まれた場合は3分ほどそのままにする)
  4. ピストンレバーを押し下げる
  5. 患部を石鹸などであらう

※ピストンレバーを押し下げる前に取り外すと毒液が飛び散るので必ずピストンレバーを下げてから外すようにしましょう。

自然が多いところに行くときは、必ず持っていくようにしましょう。

いざというときの殺虫剤

殺虫剤はあったほうがいいですね。

ハチが1匹だけ襲い掛かってきたときは殺虫剤で駆除すれば後は安全に過ごすことができます。

とはいえ、バーベキューなど食品が多い場所は殺虫剤はあまり使いたくないところです。

そんな時におすすめなのが虫を一瞬にして凍らせる殺虫スプレーです。

殺虫成分で駆除をする殺虫剤ではないので安心です。

ただし、ガスは可燃性なので火気のある場所では十分ご注意下さい。

虫よけ効果のあるハーブスプレー

テントやチェアなどなんにでも虫よけ効果をつけることができるスプレーです。

虫よけ効果のあるミントスプレーをシュッシュッと何にでも吹き付けちゃいましょう。

ハーブなので安心です。

周りの物自体が虫除け効果をもつことで周囲に虫が寄り付きにくくなります。

まとめ 自然の多い場所は準備が大切

バーベキューやキャンプなど自然が多い場所は虫や毒をもった動物も多くいます。

刺されないように虫よけをすることが大切です。

また、万が一刺された場合の対処も重要です。

病院にかかるまで時間がかかるので備えておくことをおすすめします。

それでは、楽しいキャンプ・バーベキューをお過ごし下さい。

その他害虫 アリ対策
スポンサーリンク
ロイドの害虫対策ブログ