シロアリ駆除業者の選び方 上場企業4選

シロアリ対策

戸建て住宅が持ち家の方はもしシロアリが実際に発生してしまった場合はシロアリ駆除業者に依頼をするのが一般的だと思います。

でも、どこの業者がよいのかってわからないですよね。

シロアリ防除業者を徹底比較しました。

業者選びの一助になれれば幸いです。

シロアリ防除会社 上場企業4選の特徴

シロアリ防除業として東証一部上場の企業は4社です。

4社にはそれぞれどういった特徴ががあるのでしょうか?

各社の特徴をまとめてみました。

株式会社アサンテ

設立 1973年(昭和48年)

資本金 11億円

従業員数  1,022名(2019年3月末)

アサンテは下請けやフランチャイズではなく社員が調査、営業、施工を一貫して行います。

シロアリ予防㎡あたり1980円~です。

アサンテ HPから引用

アサンテの良い点 悪い点

良い点:アサンテは全国ではないものの国内の広い範囲で事業展開をしています。

ある程度一定の品質は確保されています

当たりはずれがあり、はずれを引きたくない!というかたは良いと思います。

悪い点:シロアリ防除以外にも基礎補強や調湿剤などを販売しています。

営業マンも自分の売り上げがあるため商品の提案をしてきます。

調湿剤や基礎補強など本当に必要かどうかの科学的根拠があるかどうかは一営業マンにははっきりいって判断できないので、不必要な場合でも進められるのがデメリットです。

株式会社サニックス

設立  1978年

資本金  140億4,183万円(2019年3月31日現在)

従業員数  1,911人(2019年3月31日現在/連結)

シロアリ予防は㎡あたり 2,484円~です。

サニックス HPより引用

サニックスの良い点 悪い点

サニックスの収益軸はシロアリではなく、太陽光発電などの事業です。

それでもシロアリ防除の収益は大きく上下せず安定しています。

サニックスはもともとシロアリ被害の激しい九州から事業展開をしています。

九州で施工の経験を積んでいるスタッフであれば技術力は信頼できると思います。

また、保証金額が1000万円という高い金額での保証です。一般的に多いのは300~500ですので高い設定ですね。

とはいえ企業として品質や技術力に力を入れいているとは思えないのでなんともいえないところです。

シェアリングテクノロジー株式会社

資本金 6億7,468万円(払込資本13億1,437万円)※2019年9月末現在

従業員数  連結従業員数 553名(内アルバイト・パート203名)※2019年11月末現在

施工価格㎡あたり1200円 ※66㎡まで80000円

シェアリングテクノロジーはWEBで集客をして、全国の加盟店に施工を依頼する形態です。

シロアリの防除は「生活110番」の事業の中でも「シロアリ110番」というシロアリ防除専門のサイトでの集客をしています。

シェアリングテクノロジーの良い点 悪い点

シェリングテクノロジーは「シロアリ110番」という名前でシロアリ事業を展開しています。

インターネットで集客をして、実際に施工をするのは地元の提携業者です。

ですので、当たり外れがあります。

良い点は価格がやすいところです。

営業マンが動くということがない(販管費が少ない)ので、価格を低く設定することが実現できています。

質はこだわらず、価格は押さえたいという方は良いと思います。

悪い点:地元業者のどこの業者が来るかがわからないので当たり外れがあるところです。

良くない業者だったら仕方がないと思うしかないですね。

株式会社ダスキン

設立 1963年(昭和38年)2月4日

資本金 113億円 (2019年3月31日現在)

従業員数 3,813名 (2019年3月31日現在) 連結

ダスキンはフランチャイズ企業で、シロアリ防除をするのはターミニックスという害虫駆除をするグループです。

ターミニックスのみで拠点数は557拠点となります。

  • ベイト工法
  • バリア工法

どちらも対応が可能です。

ベイト工法は建物外周1mあたり3720円(税抜き)です。

バリア工法は1㎡あたり2250円~(税抜き)です。

毎年無料の点検サービスがあります。

ダスキンターミニックス HPより引用

ダスキンの良い点 悪い点

ダスキンのシロアリ防除事業の形態はフランチャイズです。

個人でフランチャイズ契約をして害虫駆除業務を運営しています。

ダスキンは清掃や食品なども手掛けており全国的にも有名ですね。

良い点:品質が高く評判が高い。

内部の教育体制が整っており、大手として信頼できる品質です。

また、ベイト工法も実績があるのでベイト工法をしたいならダスキンという選択でもよいと思います。

悪い点:割高感がある。管理費等で割高な感じがしますが、相場としては一般的な価格です。

シロアリ防除価格自体高いという印象がありますので、仕方がないところもあります。

また、(公社)日本しろあり対策協会に加盟していません。

そのため「しろあり防除施工士」という資格を所有していないということにもなります。

社内マニュアルでは統一されているとは思いますが、協会の規定ではなく独自の規定で施工をしているということになります。

シロアリ防除会社4選 比較一覧

アサンテサニックスシロアリ110番ダスキンターミニックス
価格(バリア工法)㎡あたり1980円~2484円~1200円2250円~
価格(ベイト工法)1mあたり対応不可対応不可対応不可3720円
保証5年5年5年5年
アフターサービス(点検)年1回年1回加盟店による年1回
対応エリア65拠点52拠点全国全国
運営施工社内社内提携業者フランチャイズ

まとめると、安定を選ぶならアサンテ、サニックス。

価格を押さえたいならシロアリ110番

品質またはベイト工法ならダスキンという感じです。

シロアリ駆除以外にも商品を勧められることもありますので、予備知識をあらかじめつけておくことをおすすめします。

シロアリ対策
スポンサーリンク
ロイドの害虫対策ブログ